一般社団法人日本環境アセスメント協会は、我が国で唯一の環境アセスメント、環境調査等を業とする会員による全国組織です


投稿者: office 投稿日時: 2017-10-27 9:50:14 (732 ヒット)

「最新技術等を利用した風力発電に係る環境影響評価審査の方法・システム」に関する公募要項


20171027


一般社団法人 日本環境アセスメント協会 


1.はじめに


 当協会では、経済産業省より「平成29年度発電所の環境影響評価審査に係る調査委託費(環境影響評価審査)」を受託しており、その一環として「最新技術等を利用した風力発電に係る環境影響評価審査の方法・システム」に関する提案を公募により募集します。


 この募集に応募された内容は、当協会が経済産業省電力安全課に提出する業務報告書に記載します 


2.応募期間


募集期間:平成291027日(金)〜1115日(水)正午


説明会 :平成291030日(月) 1330分〜 (後述)


一次審査(書面審査):平成2911月中旬(予定)


最終審査(書面審査):平成2912月上旬(予定) 


 一次審査(書面審査)の結果は、11月中旬を目途にご連絡します。最終審査を実施する場合は、一次審査結果通知の際に、該当者に追加書類の提出に係る事項をお知らせいたします。 


3.応募目的


平成2410月より環境影響評価の対象となった風力発電所については、他発電所と比べて制度開始後、日が浅いこともあり、環境影響評価図書の充実が図れておらず、このため審査過程で多数の指摘事項等が発生している状況にあります。また、環境影響評価手続の迅速化を問われているなか、平成23年度には環境影響評価図書の届出件数が9件だったのに対し、平成28年度には103件(風力発電所は86件)に増加しており、これ以上の迅速化は困難な状況にあります。本件は、こうした現状に鑑み、最新技術等を利用した環境影響評価審査等にかかるアイデアを募集し、効果的・効率的な環境影響評価審査に繋げることを目的としています。


今回募集するテーマは、以下の3つです。この中から選択し、提案をお願い致します(複数選択可)。 


テーマ1 環境影響評価図書の審査に関する情報の効果的・効率的な収集の方法


  環境影響評価図書の審査に関し、審査に資する情報(地域特性の情報等)を効果的・効率的に収集する手法についての提案


テーマ2 環境影響評価図書の効果的・効率的な適合性確認の方法


 事業者が提出する環境影響評価図書が「環境影響評価方法書、環境影響評価準備書及び環境影響評価書の審査指針」及び「発電所に係る環境影響評価の手引」に基づいて作成されていることについて、効果的・効率的に確認する手法に関する提案


テーマ3 環境影響評価審査の効率的な工程管理の方法


  環境影響評価の審査手続きを効率的に進めるためのプロジェクト管理手法についての提案

 

テーマごとの「現状」や具体的な「募集内容」の詳細につきましては、別途開催する説明会において資料を配布致しますので、ご興味のある方はご参加下さい


なお、上記資料の送付をご希望の方は、「8.お問い合せ先」までご連絡ください。 


4.応募対象


日本国内に拠点を置く法人、又は個人(複数人での応募も可) 


5.審査基準


〕解度:風力発電所に係る環境影響評価制度について十分に理解した上での提案になっているか(審査方法が環境影響評価制度に反しているものではないか)


⊆存性:提案された手法・システムを活用することで、より効果的・効率的に環境影響評価審査を行うことができるか


実現可能性:提案された手法を実現するにあたって、製品のプロトタイプが完成しているか、必要となる要素技術は既に開発等されているか


そ斉霎:提案された手法・システムはデータの追加、更新等が容易であるか 


6.応募要領


(1)応募方法


  別添の応募フォームにご記載の上、アイデアとともにご提出ください。


なお、応募者のお名前を公表させていただくことがありますので、予めご了承ください。


    応募フォーム(word) 


(2)アイデア応募形式


WordExcelPowerPointPDFのいずれかのファイル形式での作成をお願いします。


△い困譴離侫.ぅ觀措阿砲いても2頁以内、容量は5MB以下でご提出ください。(一次審査を通過し、最終審査の際は5頁程度の資料の提出を想定しております。)


0焚爾瞭睛討鷲ず記載ください。


・提案された手法・システムを活用することで得られるアウトプットのイメージ


・提案された手法・システムの具体的内容(製品名、システムの内容等) 


7.説明会の開催


 この募集に関する説明会を以下のとおり開催しますので、ご出席を希望される方は、1027日(金)17時までに「8.お問い合せ先」にご連絡下さい。 


日時:平成291030日(月) 1330分〜(1時間程度)


場所:(一社)日本環境アセスメント協会 会議室


102-0092 東京都千代田区隼町213号 US半蔵門ビル7F


https://www.jeas.org/modules/map9/ 


8.お問い合わせ先


(一社)日本環境アセスメント協会 事務局  加藤・小田


102-0092 東京都千代田区隼町213号 US半蔵門ビル7F


 TEL :03-3230-3583  FAX :03-3230-3876


9.提出先


ご提案は上記の「8.お問い合わせ先」までお送り下さい。メールふ、FAXどちらでもかまいません。


メールの場合は以下のメールアドレスまでお送り下さい。


kato@jeas.org


 


投稿者: jeas 投稿日時: 2017-10-17 16:03:45 (316 ヒット)

JEASニュース156号をPDFにて掲載いたしました。こちらからご覧ください。


投稿者: jeas 投稿日時: 2017-7-5 18:40:17 (775 ヒット)

JEASニュース155号をPDFにて掲載いたしました。こちらからご覧ください。


投稿者: office 投稿日時: 2017-6-28 13:43:27 (2031 ヒット)

JEASニュース編集委員会では、今年度も、2018年度のJEASニュースの表紙写真をコンテスト形式で募集します。未来に残したい日本の風景、行事など、季節感あふれる作品の応募をお待ちしております。採用された方には、賞金等が授与されます。皆様奮ってご応募下さい。




第6回JEASフォトコンテスト(2018年度JEASニュース表紙写真募集)の詳細は以下をご覧ください。




· 第6回JEASフォトコンテスト(2018年度JEASニュース表紙写真募集)のご案内(PDF
· 応募票(WORD


投稿者: jeas 投稿日時: 2017-4-3 16:13:46 (897 ヒット)

JEASニュース154号をPDFにて掲載いたしました。こちらからご参照ください。


投稿者: office 投稿日時: 2017-3-15 15:31:00 (3920 ヒット)

「環境アセスメント技術ガイド」


環境アセスメント技術ガイドが発行となりました
申込フォーム
申込書(WORD)メールまたはFAXにてお送り下さい


 


・環境アセスメント技術ガイド
大気環境・水環境・土壌環境・環境負荷


 環境影響評価法に基づく環境影響評価の技術手法の向上を目的として「大気・水・土壌・環境負荷」分野の環境アセスメント技術ガイドが平成18年1月に刊行されました。その後、平成23年以降の環境影響評価法等の改正や環境影響評価の技術手法等の発展、これまでの環境影響評価における実績や課題等を踏まえて内容の見直しを行い、本書にとりまとめました。
 本書においては、大気環境、水環境、土壌環境及び環境負荷の各分野において、第犠呂任牢超影響評価における各分野の環境要素の特徴や近年の動向を、第蕎呂任麓腓鵬正された環境影響評価法に基づく手続の概要を、第珪呂任漏栃野における具体的な最新の技術手法を紹介するとともに、環境影響評価への適用に向けた留意点等を解説しました。


監修:環境省総合環境政策局環境影響評価課
編集:環境影響評価技術手法に関する検討会
発行:一般社団法人日本環境アセスメント協会


書籍の主な内容(目次)
第犠蓮‖腟ご超・水環境・土壌環境・環境負荷分野の環境影響評価とは
 1.大気環境・水環境・土壌環境分野
 2.環境負荷分野


第蕎蓮〇業実施段階における環境影響評価の考え方
 1.配慮書手続の結果の活用
 2.環境影響評価の項目の選定、調査・予測・評価の手法の選定
 3.調査
 4.予測
 5.環境保全措置
 6.評価
 7.事後調査
 8.報告書


第珪蓮ー腓糞蚕兌衙,硫鮴
 1.大気環境・水環境・土壌環境分野
1.1 大気質 1.2 悪臭 1.3 騒音・超低周波音 1.4 振動 1.5 水質 1.6 底質1.7 地下水 1.8 地形・地質 1.9 地盤 1.10 土壌
 2.環境負荷分野
  2.1 廃棄物等 2.2 温室効果ガス等


体  裁:B5判、ソフトカバー、並製
価  格:3,899円(税別)
発売時期:2017年3月13日


・環境アセスメント技術ガイド
生物の多様性・自然との触れ合い


 環境影響評価法に基づく環境影響評価の技術手法の向上を目的として「生態系」及び「自然とのふれあい」の技術ガイドが平成14年10月に刊行されました。その後、平成23年以降の環境影響評価法等の改正や環境影響評価の技術手法等の発展、これまでの環境影響評価における実績や課題等を踏まえて内容の見直しを行い、本書にとりまとめました。
 本書においては、生物の多様性、自然との触れ合いの各分野における主な最新の技術手法を幅広く紹介するとともに、第犠呂任牢超影響評価における各分野の環境要素の特徴や近年の動向を、第蕎呂任麓腓鵬正された環境影響評価法に基づく手続の概要を、第珪呂任漏栃野における具体的な最新の技術手法を紹介するとともに、環境影響評価への適用に向けた留意点等を解説しました。


監修:環境省総合環境政策局環境影響評価課
編集:環境影響評価技術手法に関する検討会
発行:一般社団法人日本環境アセスメント協会


書籍の主な内容(目次)
第犠蓮\己の多様性・自然との触れ合い分野の環境影響評価とは
 1.生物の多様性分野の特徴
 2.自然との触れ合い分野の特徴


第蕎蓮〇業実施段階における環境影響評価の考え方
 1.配慮書手続の結果の活用
 2.環境影響評価の項目の選定、調査・予測・評価の手法の選定
 3.調査
 4.予測
 5.環境保全措置
 6.評価
 7.事後調査
 8.報告書


第珪蓮ー腓糞蚕兌衙,硫鮴
 1.生物の多様性分野(動物、植物、生態系)
(1)基本的な手法とポイント(動物、植物、生態系)
(2)技術手法の活用と留意点(動物、植物、生態系)
 2.自然との触れ合い分野(景観、触れ合い活動の場)
(1)基本的な手法とポイント(景観) (2)技術手法の活用と留意点(景観)(3)基本的な手法とポイント(触れ合い活動の場) 
(4)技術手法の活用と留意点(触れ合い活動の場)


体  裁:B5判、ソフトカバー、並製
価  格:3,593円(税別)
発売時期:2017年3月13日


投稿者: jeas 投稿日時: 2017-2-22 18:13:44 (1020 ヒット)

お客様各位

平素より当協会の事業にご支援ご協力をいただき誠にありがとうございます。次の期間、当協会のメールサーバの障害により、メールが不達となっている場合がございます。大変恐れ入りますが、お返事がない場合は再度お送りいただきますようお願い申し上げます。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが何卒よろしくお願い申し上げます。

メールサーバ障害発生期間:2月20日(月)19:00〜2月22日(火)01:00


投稿者: jeas 投稿日時: 2017-1-10 15:02:16 (1271 ヒット)

JEASニュース153号をPDFにて掲載いたしました。こちらからご参照ください


投稿者: office 投稿日時: 2016-12-27 14:38:52 (1172 ヒット)

当協会は環境団体有志(16団体) (共催:環境省 その他)による「低炭素社会に向けた意見交換会」(平成28年11月29日)へ出席し、添付の「長期低炭素戦略に向けた地球温暖化対策に関する提言」を発表しました。


長期低炭素戦略に向けた地球温暖化対策に関する提言(PDF)


投稿者: jeas 投稿日時: 2016-10-26 15:44:32 (1331 ヒット)



お客様各位





平素より当協会の事業にご支援ご協力をいただき誠にありがとうございます。次の期間、弊社メールサーバの障害により、メールが不達となっている場合がございます。大変恐れ入りますが、お返事がない場合は再度お送りいただきますようお願い申し上げます。



ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが何卒よろしくお願い申し上げます。





メールサーバ障害発生期間:1022日(土)22301024日(月)2000



                                                以上



 


(1) 2 »