一般社団法人日本環境アセスメント協会は、我が国で唯一の環境アセスメント、環境調査等を業とする会員による全国組織です


活動報告

第12回技術交流会報告(平成28年度)

  第12回技術交流会を、平成28年12月8日(木)にワテラスコモンホールで開催した。
 本技術交流会は、会員が有する環境アセスメント技術を内外に発表することにより技術力をPRし、人的交流を通じて技術力の向上と業務範囲の拡大を図ることを目的に実施しており、今年度で12回目を迎える。今年度は口頭発表5件、展示発表5件の発表があったが、口頭発表のあった5件については論文を掲載し、展示発表のあった5件については、展示の概要を掲載する。

口頭発表(PDFファイル)

船舶レーダーを用いた鳥類調査へとりくみ
徳島 秀彦 【FRSコーポレーション蝓

環境アセスメントにおけるキノコ・蘚苔類・地衣類調査
池田 英彦 【(株)環境指標生物】

近な危険生物「スズメバチ」について
野中 俊文 【蠏設技術研究所】

テレビ電波受信障害の変化について
横溝 孝幸 【螢筌泪肇謄譽咼轡好謄燹

水底放射能測定装置「みなそこ」による底質土壌の放射性セシウム濃度オンサイト測定
生野 元昭 【蟯超総合テクノス】

展示発表(PDFファイル)

ABINCの活動理念、認証サイト一覧・分布
【(一社)いきもの共生事業所推進協議会】
水質放射能自動測定システムの開発
【蟯超総合テクノス】
水底放射能測定装置「みなそこ」による底質土壌の放射性セシウム濃度オンサイト測定
【蟯超総合テクノス】
ワイヤレス自動撮影カメラの紹介とクラウド活用の提案
【蠱楼茣超計画】
VRを用いた景観検討
【日本工営蝓