一般社団法人日本環境アセスメント協会は、我が国で唯一の環境アセスメント、環境調査等を業とする会員による全国組織です


活動報告

第9回技術交流会報告(平成25年度:隔年実施)

  第9回技術交流会を、平成25年12月4日(水)にアルカディア市谷で開催した。
 本技術交流会は、会員が有する環境アセスメント技術を内外に発表することにより技術力をPRし、人的交流を通じて技術力の向上と業務範囲の拡大を図ることを目的に実施しており、今年度で9回目を迎える。今年度は口頭発表7件、展示発表4件の発表があったが、口頭発表のあった7件については論文を掲載し、展示発表のあった4件については、展示の概要を掲載する。

口頭発表(PDFファイル)

風対応型樹木支柱「シミズ・ラッピングサポート」の開発
渡辺高史 【清水建設蝓

投入設備一体型溶融炉によるアスベストの高効率無害化処理システム
内田季延 【飛島建設蝓

都心部複合ビルの屋上庭園において生物多様性の向上を目指した事例
松原隆志 【蠡舂啻函

動植物・環境モニタリングツール「いきものnote®」
越川義功 【鹿島建設蝓

湿地に生育する稀少植物の保全方法検討のための実験−種子発芽個体の定着環境−(ヒメハッカを例として)
板坂亜希子 【螢櫂螢謄奪・エイディディ】

人工巣補修の効果
山内可奈子 【八千代エンジニヤリング蝓

外来ザリガニの食用利用について−外来種の取り扱いに関する検討−
野中俊文 【蠏設技術研究所】





展示発表(PDFファイル)

海洋環境調査技術の紹介
【蟯超総合テクノス】

投入設備一体型溶融炉によるアスベストの高効率無害化処理システム
【飛島建設蝓

Honda寄居新工場における生物多様性保全に係る取組み
【螢櫂螢謄奪・エイディディ】

国営昭和記念公園における生物関連情報の分析及び活用
【衫仞幻Φ羹蝓