一般社団法人日本環境アセスメント協会は、我が国で唯一の環境アセスメント、環境調査等を業とする会員による全国組織です


積算資料

国土交通省の新積算体系への対応について

 JEASでは、現在、平成23年4月1日から国土交通省の新積算体系が導入されたことを受け、歩掛の見直しを実施しています。新積算体系で積算される場合、これまでの歩掛かりをそのまま利用すると、大幅に積算額が安くなることがあります。ご注意ください。

詳しくは以下を御確認ください。

JEAS積算資料の新積算対応について

国土交通省では2011年4月1日より、「設計業務等における新たな積算手法」についてとして、企業会計の概念との整合を図るため、「業務原価」と「一般管理費等」の二大区分による新たな積算手法を導入しています。

 ■平成23年度版 

※平成23年4月1日以降に入札公告を行う業務より適用
 http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekkei/h20kijun.html

具体的な手法の変更点は以下を参考にしてください。

■土木設計業務における新たな積算手法について

 http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekkei/pdf/H23sekisan-setumei.pdf

従来の積算方法では、…樟椰遊鑒顱↓直接経費、諸経費、さ蚕儼佝颪箸いΧ菠でしたが、

新積算手法では、

  1. 直接人件費、
  2. 直接経費、
  3. その他原価、
  4. 一般管理費等

という区分になっています。


出典:平成22年9月24日 調査・設計等分野における品質確保に関する懇談会(平成22年度第1回) 資料7

 


出典:平成22年9月24日 調査・設計等分野における品質確保に関する懇談会(平成22年度第1回) 資料7

 

計算方法は上記の資料を参考にしていただきたいのですが、ここで、重要なのは、「新しい歩掛については、技術経費の相当分増加している」という点です。つまり、「新積算で利用する人件費の歩掛かりは従来のものに比べて増えているので、新積算で実施する場合、従来の歩掛かりをそのまま使うと、設定によっては30%程度少ない金額で積算される可能性がある。」という点です。しかし、国からはアセス及びアセス関連業務について新歩掛かりは調査、公表されていません。

  関東地方整備局建設コンサルタント業務等(土木関係建設コンサルタント業務、測量、地質調査業務、補償関係コンサルタント業務)における入札契約手続き運用ガイドライン(平成23年度版)(平成23年5月、国土交通省関東地整)によると、以下のとおりとなっています。

  • 設計業務等において、設計業務等標準積算基準書に定めのない内容について、見積を取得して歩掛かりを決定し予定価格を算出するものとする。
  •  指名競争入札については、原則として指名選定業者全社から見積り(歩掛)を取得することとする。一般競争入札については、原則として3社以上から見積(歩掛)を取得することとする。